FAカップ準々決勝のニューカッスル戦を終えたマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのインタビュー中に、相手指揮官のスティーブ・ブルース監督が乱入する珍しいシーンが起こった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

28日に行われたFAカップ準々決勝。シティはデ・ブライネのPKとFWラヒーム・スターリングのゴールで、敵地セント・ジェームズ・パークでニューカッスルを破った。

試合後、取材を受けていたデ・ブライネのもとにブルース監督が乱入。15年ぶりの準決勝進出を阻んだ相手に、冗談でこんなことを言ったようだ。

「こいつはこのままここに残る。今夜のニューカッスルからの独占リリースだ」

「もうシティで十分やっただろう。そろそろニューカッスルのためにプレーしないかね」

なお、ニューカッスルでは、サウジアラビアをベースとする合同ファンドによるクラブ買収が進められており、その暁にはデ・ブライネ獲得のチャンスが巡ってくるかもしれない。