ハーツは28日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(37)と契約を結んだことを発表した。

スコットランド代表として54キャップを誇るゴードン。ハーツは下部組織から過ごしていたクラブで、2005-06シーズンには国内カップ戦を制覇しトロフィーを掲げている。

その後、2007年にサンダーランドに移籍したが、ヒザのケガで長期離脱。実に913日もの間、戦線を離れていた。この影響で2012年にサンダーランドとの契約を解除。2年間に及ぶ治療を終えたあと、2014年夏にセルティックに加入した。

セルティックでは公式戦242試合に出場。打ち切りで優勝が決定した今シーズンも含めて、リーグ9連覇に貢献した。同クラブにおける通算タイトルの数は、リーグ優勝6回、リーグカップ5回、スコットランドカップ3回の計14個となっている。

そして、セルティックとの契約満了を受けて、この度13年ぶりに古巣のハーツに復帰。契約期間は2年となっている。