エイバルはチリ代表MFファビアン・オレジャナ(34)と、アルゼンチン人MFゴンサロ・エスカランテ(27)の両選手が、6月30日をもって退団することを発表した。

2018年1月にバレンシアからレンタルで加入したオレジャナは、エイバルで公式戦81試合に出場して14ゴール17アシストを記録。今季はラ・リーガで29試合に出場して8ゴール7アシストを記録し、残留争いに巻き込まれているチームの主力として活躍していた。なお、新シーズンはバジャドリーへの移籍が報じられている。

一方、2015年1月にカターニャからレンタルで加入したセントラルMFのエスカランテは、エイバルで公式戦155試合に出場して10ゴール9アシストを記録。今季はラ・リーガで23試合に出場して3アシストを記録していた。なお、エスカランテの新天地はラツィオと報じられている。