バルセロナのキケ・セティエン監督が、ラ・リーガ第33節のアトレティコ・マドリー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。

首位のマドリーを勝ち点2差で追いかける2位・バルセロナは6月30日に3位・アトレティコと対戦。12分にCKの流れからFWジエゴ・コスタのオウンゴールを誘発して、先制に成功するも、19分にMFサウール・ニゲスにPKを沈められる。

後半立ち上がりの50分にFWリオネル・メッシがキャリア通算700ゴールとなるPKを沈めて勝ち越しに成功するも、62分に再びサウールにPKを決められて失点。2試合連続ドローとなる2-2の引き分けに終わり、優勝に向けて暗雲が立ち込んでいる。

セティエン監督は試合後、「残念だ。我々はますます困難になっている。ポイントを取りこぼすことはタイトル獲得の可能性から本当に離れることを意味する。我々は努力を続けなければいけない。アトレティコは良いチームだった」と結果を悔しがり、相手チームを称えた。

その一方で、「私は彼らにとても満足している。できていないプレーがあったのも確かだが、時々試合をコントロールできていた。アトレティコと対戦するのは簡単ではない。非常に規律正しい。選手たちのパフォーマンス、試合内容にとても満足している」と選手たちのパフォーマスには満足感を示していた。

バルセロナは1試合消化が多い状況で首位のレアル・マドリーと勝ち点差1で追っている状況。残り5試合で逆転なるだろうか。