【明治安田生命J1リーグ第3節】
2020年7月8日(水)
19:00キックオフ
横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ
[ニッパツ三ツ沢球技場]

◆つまづいた王者、ダービーで初勝利へ【横浜F・マリノス】

昨シーズンのJ1王者である横浜FMだが、開幕から2試合で勝利なし。前節は浦和レッズを相手に持ち前の攻撃力を発揮したものの、GK西川周作の好パフォーマンスもありノーゴール。0-0のゴールレスドローに終わった。

試合では中断期間中に加入したDF小池龍太、DF實藤友紀、MF天野純がいきなり先発。完全にフィットはしていないものの、アンジェ・ポステコグルー監督が求めるサッカーへの適応は問題なさそうだ。

しかし、試合を重ねるごとに精度を上げていった昨シーズンのことを考えれば、4カ月も中断していたことは大きなマイナスだろう。実際に、浦和戦でも細かなズレが散見。横浜FMが取り組むサッカーには致命傷となる。

まずは今季初勝利へ。リモートマッチの“神奈川ダービー”となるが、ニッパツを熱くさせる勝利を掴みたい。

★予想スタメン[4-2-1-3]
GK:梶川裕嗣
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:喜田拓也、扇原貴宏
MF:天野純
FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆守備で耐え、ゴールをこじ開けることができるか【湘南ベルマーレ】

昨シーズンは参入プレーオフの末になんとか残留した湘南。しかし、新たに迎えたJ1のシーズンも連敗スタートと苦しい状況となっている。

開幕戦は浦和レッズとの打ち合いとなったが、一転して再開初戦はベガルタ仙台との対戦で0-1と敗戦。守備面では一定のパフォーマンスを発揮したが、やはり得点力という点ではまだまだ課題を解決できてはいないようだ。

前節は1失点に抑えたが、今節の相手は屈指の攻撃力を誇る横浜FM。まずはゼロで抑えつつ、前掛かりになった横浜FM守備陣のスペースを突き、カウンターでゴールを奪いたい。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:富居大樹
DF:岡本拓也、坂圭祐、大岩一貴
MF:石原広教、福田晃斗、鈴木冬一
MF:齊藤未月、松田天馬
FW:タリク、石原直樹
監督:浮嶋敏