NECナイメヘンは15日、元パラグアイ代表MFエドガル・バレット(36)をフリートランスファー獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。

2004年〜2007年までNECでプレーした経歴を持つバレットは、その後レッジーナ、アタランタ、パレルモを経て2015年夏にサンプドリアに加入。

5シーズンを過ごしたサンプドリアでは、公式戦110試合に出場して5ゴール4アシストを記録。セリエAでは通算264試合に出場して11ゴール17アシストを記録した。

しかし、今季は負傷の影響もありセリエAでわずか2試合の出場に留まっており、5月28日に双方合意の下で契約を解除していた。