来シーズンからチェルシーの新戦力として期待されるモロッコ代表MFハキム・ジイェフが意気込みを語っている。

今年2月に加入内定の発表があったジイェフ。7月に入り晴れて正式にチェルシーの仲間入りを果たし、14日に行われたノリッジ戦では本拠地スタンフォード・ブリッジにも足を踏み入れた。

チェルシー公式インタビューで改めて今回の移籍についてコメントしたジイェフは、かつて同クラブで活躍したレジェンドたちの名を挙げて、チェルシーというクラブの偉大さを表した。

「誰だって若い頃はプレミアリーグのビッグクラブでプレーしたいと思うものさ」

「僕が若い頃はディディエ・ドログバやフランク・ランパード、ジョン・テリーといったビッグネームが皆チェルシーの為にプレーしていた。今はここでプレー出来ることは僕にとって大きな意味があるんだ」

また、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでもチェルシーについてコメント。生で観戦したしたノリッジ戦ではMFクリスチャン・プリシッチのアシストからFWオリヴィエ・ジルーのゴールが決まったが、そんな彼らとのプレーを楽しみにしているようだ。

「彼らと仕事が出来ることに興奮しているよ。素晴らしい選手たちとプレーするのは幸せなこと。彼らとなら何でも簡単になってしまうだろうね」

「来シーズンは本当に強いチームを作ることが出来る。リバプールやマンチェスター・シティのレベルに届くにはもっと努力が必要だけどね」

「特にリバプールは一貫性もあって支配力もあって、それはまさに僕たちが目指している姿なんだ」

「僕たちはトロフィーを獲り続けたい。いつだってそれが目標だ。強いチームを維持してプレミアリーグのタイトルを争っていこう」