ユベントスは16日、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールとイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの両選手に関し、筋肉の損傷がなかったことを発表した。

両選手は15日に行われたセリエA第33節サッスオーロ戦で先発。ベンタンクールは試合終盤にピッチに足を取られて筋肉を伸ばした中、フル出場していた。

一方、シーズン開幕前に右ヒザの前十字靭帯を断裂していたキエッリーニはリーグ再開後、初出場を果たしたが、前半で交代していた。

ユベントスによれば18日の練習から両選手は合流し、20日に行われるセリエA第34節ラツィオ戦への出場に問題はないとのことだ。

リーグ戦ここ3試合勝利のない首位ユベントスは、2位以下に勝ち点を詰められている。