中国スーパーリーグの青島黄海は22日、新監督にスペイン人指揮官のパブロ・マチン氏(45)を招へいしたことを発表した。

マチン氏は、ヌマンシアやジローナで監督を務めた後、2018年7月からはセビージャを指揮。公式戦50試合で26勝9分け15敗。ラ・リーガでは6位の成績を残していたが退任していた。

今シーズンは10月にエスパニョールの監督に就任するも、ラ・リーガ10試合で1勝2分け7敗とチームを立て直せず、3カ月で解任となっていた。

青島黄海は昨シーズン途中から、ヴィッセル神戸でも指揮していたフアンマ・リージョ監督が指揮を執っていたが今年6月に退任。オスカル・セスペデス氏が後任についていたが、試合を行うことなくマチン氏へバトンを渡すこととなった。

青島黄海は、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレも在籍した昨シーズンの中国甲級リーグ(2部)で優勝。今シーズンから中国スーパーリーグへ昇格していた。