サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧に所属する元イタリア代表FWエデルがサンプドリア時代に決めたフリーキックだ。


ブラジルのクリシウマでプロキャリアをスタートさせたエデルはエンポリやチェゼーナ、サンプドリアなどを経て2016年1月にレンタルでインテルに加入。同年夏には完全移籍が発表され、2シーズン半で公式戦86試合に出場し14ゴール8アシストを記録した後、2018年から中国でプレーしている。

サンプドリア時代の2015年3月22日に行われたセリエA第28節のインテル戦では、後の移籍先から圧巻のFKを決めている。

両者ともに惜しいシュートはありながらも、スコアレスで迎えた65分、サンプドリアはバイタルエリア左手前でFKのチャンスを獲得する。

ボールの周りにFWサミュエル・エトー、MFアンジェロ・パロンボ、エデルの3人が集まると、エトーがわずかにボールを動かし、それをパロンボが止める。そこに走り込んだエデルが思い切り右足を振り抜いた。

このFKに相手GKサミル・ハンダノビッチがやや虚を突かれた格好となり、少し前に出てきたハンダノビッチの手が届かないゴール右へと突き刺さった。

連携したキックで名手ハンダノビッチから貴重な先制点を奪ったサンプドリアがそのまま1-0で勝利し、勝ち点3を獲得している。