アルゼンチン人指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)が、バルセロナ監督就任の可能性を否定しなかった。スペイン『マルカ』が伝えている。

トッテナムを率いていた2018年にバルセロナの監督就任が噂されたポチェッティーノ氏。だが、同じ街のライバルクラブであるエスパニョールを指揮した過去があることから「バルセロナで指導するよりも、アルゼンチンの農場で働きたいと」とその可能性を強く否定していた。

しかし、昨年11月にトッテナムの監督を解任され、フリーの状態が続くポチェッティーノ氏。新天地が注目されているなか、スペイン『エル・パイス』のインタビューに応じると、拒絶していたバルセロナの監督に就任する選択肢除外せず、「何が起こるかわからない」と述べている。

「うまく説明しなければいけないね。その年はバルセロナにいて、バーで(会長のジョゼップ・マリア・)バルトメウ氏に会った。子供たちを同じ学校に連れていって、お互い挨拶をして5分間話したよ。それが噂になってしまった。私を欲しがっているクラブはたくさんあった」

「だから、徹底的に解決したかった。バルセロナを軽視したくない。違う方法もあった。私はエスパニョールで評価を高めた。傲慢にはなりたくないから、そう言った発言をしたくなかった。今はそうじゃないけどね。人生は何が起こるかわからない」