チェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが肩の負傷により1カ月程戦列を離れるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。

ペドロは1日に行われたFAカップ決勝のアーセナル戦で後半4分から出場。この試合で肩をピッチに打ち付け、試合終盤にはベンチに退いていた。同メディアによれば肩の手術を行った場合、完治までには約1カ月を要するとのことだ。

既にチェルシーを率いるフランク・ランパード監督は8日に行われるチャンピオンズリーグのラウンド16・2ndレグ、バイエルン戦でペドロを起用することはできないと明言していた。

チェルシーとの契約が今季で切れるペドロは新シーズンからローマでプレーすることが濃厚で、セリエAの新シーズンは9月下旬に開幕するとみられている。