セグンダ(スペイン2部)に降格したエスパニョールは4日、新監督にビセンテ・モレノ氏(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。

今シーズン、ダビド・ガジェゴ、パブロ・マチンという2人の指揮官の下で最下位に低迷していたエスパニョールは、2019年12月にアベラルド・フェルナンデス前監督を招へい。しかし、指揮を執ったラ・リーガ13試合の戦績は3勝5敗5分けと振るわず。そして、クラブは成績不振を理由に7試合を残した中で同監督を解任。

その後はスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたフランシスコ・ルフェテ氏が、シーズン終了までの暫定監督を務めたが連敗を止められず、3節を残して27年ぶりのセグンダ降格が決定した。

後任に指名されたモレノ氏は、2011年に現役を引退。最後の所属クラブとなったヘレスで指導者の道をスタートさせると、ジムナスティックの指揮官を経て、2017年から当時セグンダB(スペイン3部)に沈んでいたマジョルカの監督に就任。

2年連続でチームを昇格させたことで知られ、ラ・リーガ初挑戦となった今シーズンはセグンダBから在籍するメンバーに加え、日本代表MF久保建英らを加えたメンバーでシーズンに臨んだが、惜しくも残留を逃していた。