トリノは7日、新シーズンに向けマルコ・ジャンパオロ氏(53)の招へいを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間で、年俸は150万ユーロ(約1億8700万円)となっている。

ジャンパオロ氏は、カリアリやシエナ、カターニャ、ブレシアなどを指揮。昨シーズンまでサンプドリアを指揮すると、2019-20シーズンはミランの監督に就任していた。

しかし、開幕戦でウディネーゼに敗れると7試合で3勝4敗と成績が安定せず。10月に解任されて以降はフリーとなっていた。

トリノは今年2月にワルテル・マッツァーリ監督を解任。モレノ・ロンゴ氏を招へいしたが、3勝3分け9敗と結果を残せていなかった。