リバプールは10日、オリンピアコスのギリシャ代表DFコンスタンティノス・ツィミカス(24)の獲得を発表した。移籍金や契約期間は発表されていないが、イギリス『BBC』によれば5年契約で移籍金は移籍金1170万ポンド(約16億円)とのことだ。

2014年にオリンピアコスの下部組織に加入したツィミカスは、2015年にトップチームデビュー。左サイドバックを主戦場にこれまで公式戦86試合に出場し12アシストをマーク。今季はギリシャリーグで27試合に出場していた。

スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの控えを探していたリバプールは、これまでノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得に動いていたが、条件面でまとまらないことからツィミカスにターゲットを変更したと報じられている。

リバプール加入が決まったツィミカスは「とても幸せだ。リバプールに加入できたことを誇りに思う。最善を尽くしたいね。僕にとってリバプールは世界最高のクラブだ」とコメントしている。

なお、背番号は21を背負うことが発表されている。