日本時間の11日0時、日本代表MF久保建英のビジャレアル移籍が発表された。

1年前、バルセロナのカンテラ時代の活躍を知るスペインメディアも注目した久保のレアル・マドリー移籍。その注目度の高さは、マジョルカへレンタル移籍しても変わらなかった。

昇格したばかりのチームにおいて、主力としてプレーする19歳の日本人は、試合を重ねるごとに自身の力を示し、中断期間が明けてからは残留を目指すチームにおけるキーマンとして扱われた。


結果的にマジョルカはラ・リーガ残留を逃したものの、ラ・リーガで35試合4ゴール5アシストを記録した久保の活躍には注目が集まり、すぐさま新シーズンの行き先が大きな話題となった。

かつて“フェノーメノ”としてサッカー界にその名を轟かせた元ブラジル代表FWロナウド氏が会長を務めるレアル・バジャドリーがシーズン終了前から名乗りを挙げていた中、オサスナやセビージャなども候補に浮上。しかし、最終的にはビジャレアル入りが決定した。

◆戦術家・エメリの意向でビジャレアル入り

ビジャレアルは、かつてセレッソ大阪でもプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン氏や元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメ氏も所属したクラブ。2007-08シーズンのラ・リーガでは2位になるなど一世を風靡したが、2011−12シーズンには18位で2部に降格する憂き目にも遭っていた。

1年でラ・リーガに復帰すると、その後は1桁順位を続け、毎年ヨーロッパの舞台に。2018-19シーズンは14位と低迷したが、2019-20シーズンは5位でシーズンを終え、2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得。これが久保の移籍に大きな影響を与えた。

そしてもう1つ移籍の決め手となったのが監督の存在だ。かつてはセビージャでELを3連覇し、パリ・サンジェルマン、アーセナルでも指揮を執ったウナイ・エメリ監督が新シーズンから指揮を執る。スペイン『アス』によれば、エメリ監督が久保の獲得を熱望したとのことだ。

ビジャレアルは、2019-20シーズン限りでスペイン代表MFサンティ・カソルラが退団。元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが監督を務めるカタールのアル・サッドへと移籍した。

天才とも称されるゲームメイク力を持ち、長年のケガから完全復活したカソルラは、2019-20シーズンのラ・リーガで35試合に出場し11ゴール10アシストを記録。チームの5位フィニッシュに大きく貢献している。

攻撃を司るカソルラを失ったビジャレアルは、当初はレアル・マドリーからMFオスカル・ロドリゲスをレンタル移籍で獲得する予定だった。しかし、エメリ監督の希望で久保にシフト。大きな期待を寄せているということだろう。

◆久保のビジャレアルでのポジションは?

また、バレンシアでキャプテンを務めたスペイン代表MFダニエル・パレホ、アーセナルでもプレーした過去のあるフランス人MFフランシス・コクランの獲得で選手と合意に至っており、近日中にも公式発表される見通し。来たる新シーズンに向けて補強を進めている。

では、久保は一体どこで起用されるのか。移籍の動向を加味しながら、考察していきたい。

久保は、マジョルカでは主に右サイドハーフでプレーしていたが、試合中のポジションは固定されておらず、中央や左サイドなど前線で自由にプレーしていた。

スタートポジションこそ決まっていたものの、周囲との連動を生かしたプレー。また、カットインからの展開を考えて、右サイドに配置されたが、ビジャレアルでもそのポジションになるだろう。

2019-20シーズンは[4-2-3-1]のシステムを採用していたが、エメリ監督もシステムとしては[4-2-3-1]を多く採用し、アーセナルやセビージャではメインシステムとしていた。パリ・サンジェルマン時代は[4-3-3]を採用していたが、これは強力なストライカーが揃っていた影響もある。ビジャレアルでは[4-2-3-1]、または[4-4-2]となりそうだ。

その場合、やはり久保は2列目の右に入ることになるだろう。中盤の2枚はバレンシアから獲得濃厚なパレホとコクラン、または今季もチームを支えたMFビセンテ・イボーラになると予想される。

今シーズン37試合に出場したナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼを生かすことを考えれば、2列目の右にチュクウェゼを置き、久保にトップ下を任せることもあるだろう。ただ、チュクウェゼは左サイドでも起用できるため、久保を右に起き、チュクウェゼを左に置く布陣が考えられる。

[4-4-2]の場合は、チーム得点王であるFWジェラール・モレノとFWパコ・アルカセルを2トップで組ませる形。この場合も、久保が右、チュクウェゼが左に配置されることになると予想できる。

何れにしても、エメリ監督はマジョルカでのプレーを見て久保の獲得を進言したことは間違いなく、その特性を生かして結果を残すことを求めるはず。プレシーズンでどのような戦いを見せるのか。マジョルカ以上にチーム力のあるクラブで久保がどのような働きを見せるのか、今から楽しみだ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》