元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(30)がプレミアリーグ復帰願望を明らかにした。

スタリッジはリバプールと契約切れの昨夏、3年契約でトラブゾンシュポルに移籍。公式戦16試合で7ゴールの活躍を披露したが、スポーツ賭博の容疑でプレー禁止処分が科され、今年3月に契約を解消した。

今年6月に処分が解けたスタリッジは現在、ロサンゼルスを拠点にトレーニング。メジャーリーグ・サッカー(MLS)なども行き先に挙がっているが、イギリス『スカイ・スポーツ』でプレミアリーグ復帰を希望した。

「世界中に選択肢があるが、僕はイングランド人選手だから、いつだってプレミアリーグが好きだ。今の僕でもプレミアリーグに与えられるものがたくさんあると信じている。僕の1stチョイスだと言っても良い。やり残した思いもあるから戻ってプレーしたいんだ」

「プレミアリーグだけじゃなく、イングランドに戻ってベストを尽くすのは僕にとって大きな選択肢になるはずだ。すごく高揚感があって、今まで以上にハングリーな感覚もある。次の章に向けて、完全にフォーカスしている」