Jリーグは13日、YBCルヴァンカップのプライムステージ組み合わせ抽選会を実施した。

例年とは異なりYouTubeのJリーグ公式チャンネル「JリーグTV」で開催。各クラブから代表選手も登場し、オープンドローを行なった。

組み合わせ決定後、対戦カードごとに原博実Jリーグ副理事長がインタビューしていった。

◆北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス

昨シーズンは決勝で川崎フロンターレ相手にPK戦の末に敗れた札幌のDF進藤亮佑は「良い試合ができてどっちに転んでもおかしくない展開で、最後はPKでした。僕が外して決まってしまったので、この大会に対する想いは人一倍強いです」とコメント。2019シーズンの決勝のリベンジを果たしたいと意気込んだ。

一方、今シーズンはSC相模原へ期限付き移籍していたものの、復帰した横浜FMのFW松田詠太郎は「どこと当たっても自分たちのサッカースタイルを貫いていきたいと思います」とコメントした。

原副理事長から決勝に行きたい想いについて聞かれた進藤は「まだタイトルを獲得したことがないので、そこに対する想いはあります」とコメント。「マリノス戦は得点がどちらも入るので、観ている方も楽しめると思います」と語り、攻撃的な両チームの対戦を楽しみにしてほしいと語った。

また、「PKの練習をしておくように」と言われると、「PKだけはならないように、全員で協力して、チームの力が必要なので、頑張っていきたいと思います」と返し、決勝でもPKにならない戦いをしたいと語った。

◆セレッソ大阪 vs 柏レイソル

原副理事長から「カップ戦は強そうな印象があるけど?」と聞かれたC大阪のFW都倉賢は「今年は昨年以上に各ポジションの競争が激しくなったと思います。昨日はルヴァンカップでメンバーをいじってもしっかり勝てたので、チームの成長を感じています」と語り、チーム力が向上しているとコメントした。

今シーズンガンバ大阪から柏レイソルに加入したFW呉屋大翔。J1に昇格した柏では新戦力の活躍も目立つ中、「やっとネルシーニョ監督のやりたいサッカーを徐々に表現できているかなと思います」と語り、チームとしての形ができてきたと手応えを語った。

◆ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ

抽選会前に各選手に当たりたくないチームを聞いたところ、最も多く名前を挙げられていた川崎F。Jリーグでは今季無敗を継続しており、現在は8連勝中の川崎Fだが、調子についてMF大島僚太は「チームの雰囲気は今までやってきたことと違ったことにチャレンジしているので、全選手が意欲的に取り組めていますし、そういった中での競争もチーム全体にあって、すごく良い雰囲気でできていると思います」と語り、チームとしても良い感触を持っていると明かした。

また、大島のプレースタイルについて「得点に絡もうとしている印象がある」と原副理事長が質問すると「監督からも言われていますし、ポジションも前になったので、関われる意識を持ちながらプレーはしています」と大島がコメント。今季はすでに過去2年に並ぶ2得点を記録している理由を明かした。

さらに、「誰が出てきてもみんな活躍する雰囲気で試合しているように感じる」と原副理事長が印象を語ると「そういう風な雰囲気でできていると思いますし、対戦相手や観ているお客さんにもそういったものが伝わればいいなと思っています」と雰囲気から勝てるものを作っていきたい意欲を語った。

対する神戸のFW古橋亨梧に対して原副理事長は「ここ最近は決定機を外している気がするけど?」と鋭い質問。古橋は「マークが厳しくなっている自覚もありますけど、そのあたりで決めなくてはいけない自覚もあるので、もっと成長できればと思います」と、自身の成長を誓った。

また、「イニエスタからここに出るかというパスがあるけど、あれはやっぱり気持ちいい?」と元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとのプレーについて聞かれた古橋は「そんなところ見てるの?というタイミングで出てきたり、そこに出すの?というタイミングで出してくれます。気持ちいいですけど、外している回数も多いので、もっと決め切れればチームの力になれるかなと思います」とゴール量産を誓った。

◆FC東京 vs 名古屋グランパス

原副理事長もかつて指揮を執ったFC東京、名古屋の参加選手が元FC東京のMF米本拓司ということもあり、和やかな雰囲気に。

ここまでJ1で4位につける好調の名古屋との対戦についてMF内田宅哉は「名古屋は米本選手とか太田選手とか丸山選手とか、結構一緒にやった選手が多いので、楽しみではあります」とコメント。元FC東京の選手が多くプレーする名古屋との対戦を楽しみだと語った。

また、今シーズンの名古屋の印象については「結構点を取るイメージがあって、この前も浦和戦でたくさん点を取っていました。僕としてはすごく点を取るイメージが大きいです」と語り、その攻撃力を警戒した。

一方で、古巣のFC東京と当たることとなった米本。FC東京について「去年は1回も勝てなかったので。監督も代わりましたし、色々な意味で変わりました。明後日はJリーグでFC東京と戦います」と語り、まずは15日に控える明治安田生命J1リーグ第10節での対戦で勝ちたいと語った。

しかし、現在米本は左第3腰椎横突起骨折で離脱中。「僕はケガで出られないので残念としか言えないですけど、ルヴァンカップでは出られたらと思います」とおよそ1カ月後に控えるルヴァンカップでの復帰を誓った。

◆プライムステージ組み合わせ結果
【準々決勝】
9月2日(水)
北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノスー[1]
セレッソ大阪 vs 柏レイソルー[2]
ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレー[3]
FC東京 vs 名古屋グランパスー[4]

【準決勝】
10月7日(水)
[1]の勝者 vs [2]の勝者
[3]の勝者 vs [4]の勝者

【決勝】
11月7日(土)