【明治安田生命J1リーグ第10節】
2020年8月15日(土)
19:00キックオフ
柏レイソル vs セレッソ大阪
[三協フロンテア柏スタジアム]

◆オルンガ軸の攻撃陣は相手の鉄壁を崩せるか【柏レイソル】

5位柏レイソルは前節の横浜F・マリノス戦こそ追いつかれてドローに終わり、4連勝でストップしてしまったが、ここ5戦無敗を継続。ミッドウィークの12日に行われた大分トリニータ戦は首位突破を確定させての試合ということもあり、大半の主力を休養を与えられ、フレッシュな状態で今節に挑めるシチュエーションだ。

そのなかで、J1トップの10得点を挙げ、全体2位となるチーム総得点20の半分を叩き出す主砲オルンガも5戦連発中と絶好調。しかし、ここ数試合にわたり、先発が続いた山下達也と大南拓磨の両センターバックが前節、それぞれ負傷した。このエリアは故障者が多く、今節に向けての悩みどころのひとつと言えそうだ。

その一角は急きょ出場した前節、センターバックとして奮闘した右サイドバックが本職の川口尚紀か。相手のセレッソ大阪は昨季J1最少失点の堅守が今季も健在で、先に失点を許すと苦しい展開になりかねないだけに、直近の戦いと異なる顔ぶれが並ぶであろうセンターバック陣の機能性も今節に向けた鍵になってくる。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:中村航輔
DF:古賀太陽、川口尚紀、高橋祐治、三丸拡
MF:ヒシャルジソン、大谷秀和
MF:瀬川祐輔、江坂任、仲間隼斗
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ

◆自慢の堅守で自分たちの土俵に持ち込めるか【セレッソ大阪】

C大阪も柏と同様、負けなしの戦いを続けており、ここ5試合2勝3分けの3位。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督仕込みの隙のないディフェンスは今季も見事だ。開幕からの総失点数はサンフレッチェ広島と並んで最少のわずか5失点。ここ5試合においても、たった2失点しか許しておらず、抜群の安定感を誇っている。

しかしながら、攻撃陣の得点力に目を移すと、開幕からの9試合で9得点。上位陣のライバルと比べると、圧倒的に劣る。前節のFC東京戦も決定機を作り出したが、その得点力不足が浮き彫りとなり、0-0のドロー。少ないゴールで勝ち切る力は見事だが、前線の駒が戻りつつある今、得点力は改善したいポイントだ。

そのなかでの今節はオルンガを絶対軸にした攻撃力で上位に食い込んできた柏。打ち合いだと部が悪いだけに、いかにロースコアで争う展開に持っていけるかが鍵になる。12日に行われたルヴァンカップのベガルタ仙台戦に出場した一部主力にとって、やや厳しいコンディション状況での一戦となるが、乗り越えられるか。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣
FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ