イングランドサッカー協会(FA)は14日、イングランド女子代表の新監督に、サリーナ・ヴィーフマン氏(50)が就任することを発表した。

ヴィーフマン新監督は、現在はオランダ女子代表の監督を務めており、2021年の東京オリンピックはオランダ女子代表を率い、大会後の2021年9月に就任する。

イングランド女子代表はフィル・ネビル監督が率いているものの、2021年7月の任期終了まで指揮を執るとのこと。東京オリンピックにはイギリス代表が2012年のロンドン・オリンピック以来のチーム結成となるが、その監督は現時点で決定しておらず、ネビル監督は就任しないことが決まっている。

なお、ヴィーフマン新監督は、2022年に行われる女子ユーロ、オーストラリアとニュージーランドの共同開催で2023年に行われる女子ワールドカップを率いるため、4年契約を結んだとのことだ。

オランダ女子代表を率い、2017年の女子ユーロで優勝。2017年のFIFAベストアワードで女子最優秀監督に選出されていた。また、2019年に行われた女子ワールドカップでは決勝にチームを導いており、アメリカ女子代表の前に敗れ準優勝の結果を残していた。