プレミアリーグ第2節、チェルシーvsリバプールが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、アウェイのリバプールが2-0で勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は86分からプレーし、今季リーグ初出場を飾った。

新型コロナウイルスの影響により、多くのクラブが緊縮財政を強いられている中、今夏の市場に約2億ポンドの巨額を投じたチェルシー。注目の初陣となったブライトンとの開幕節ではヴェルナー、ハフェルツの2選手がデビューを飾り、3-1の白星発進となった。昨季、シーズンダブルを喫した王者相手に連勝を目指すホーム開幕戦では前節から先発1人を変更。ロフタス=チークに代わってコバチッチが復帰し、システムを[4-3-3]に変更した。

一方、ド派手な打ち合いとなった昇格組リーズ・ユナイテッドとの開幕戦を4-3で競り勝ち連覇に向けて幸先よくスタートを飾ったリバプール。今週にはバイエルンからチアゴ、ウォルバーハンプトンからジョタと中盤と前線に好タレントを補強し、より強力なスカッドを構築。難敵チェルシーのホームに乗り込んだこの一戦では前節から先発1人を変更。軽い打撲と筋肉系の問題を抱えるジョー・ゴメス、マティプの不在に伴い、ファビーニョがファン・ダイクの相棒を務めることに。注目のチアゴは南野と共にベンチに入った。

今夏、超大型補強を敢行した昨季4位のチェルシーが、連覇を狙う王者リバプールに挑む新シーズンのプレミア最初のビッグマッチ。

前線の並びを右からマウント、ハフェルツ、ヴェルナーとマイナーチェンジしたホームチームに対して、リバプールはいつも通り、前から激しいプレッシャーをかけてけん制。相手の立ち位置、ボールの動かし方を確認し合う様子見の立ち上がりを経て、試合は徐々にアウェイのリバプールがボールの主導権を握る形に落ち着く。

その後もスペースの探り合い、消し合いと戦術的な駆け引きが色濃い展開が続くが、ハフェルツやマネ、ジョルジーニョ、ヘンダーソンと要所で個人が打開を図るなど、上位対決に相応しい緊迫感のある攻防も目立った。

前半半ばから終盤にかけても睨み合いの状況は変わらず。共にフィニッシュの数がなかなか増えないものの、32分にはカンテの飛び出しからヴェルナーの際どいミドルシュート、直後の34分にはアレクサンダー=アーノルドのクロスをボックス左で収めたサラーの際どい折り返しと、ゴールに迫る場面を作る。

このまま0-0で前半終了かと思われたが、45分に試合の流れを大きく左右する出来事が起きる。押し込まれたリバプールがGKアリソンのスローからリスタートすると、近くでボールを受けたヘンダーソンがすかさず前線のスペースで絶妙なロングフィードを供給。左サイドから斜めのランニングで抜け出したマネに対して、背後を取られたDFクリステンセンがボックス手前で後方から引き倒してしまう。当初、主審はこのファウルに対してイエローカードを掲示したが、VARによるレビューを行うと、飛び出したGKケパとマネのボールの距離感などを考慮し、重大な決定機阻止と考えを改めてカードの色を黄色から赤に変えた。

前半ラストプレーで数的不利を負ったチェルシーはハーフタイム明けにハフェルツを下げてトモリを投入。この交代で前線にヴェルナーとマウントを残す[4-3-2]の布陣に変更した。一方、リバプールはコンディションに不安を残すヘンダーソンに代えて、プレミアデビューのチアゴを同じアンカーの位置で送り出した。

すると、勝負所を理解する王者は相手が布陣変更に適応する隙を与えない立ち上がりからの攻勢で一気に試合を動かす。まずは50分、右サイドに流れて局面での数的優位を作ったフィルミノがサラーとの連係からボックス右に抜け出して高精度のクロス。これにファーから内に絞ってきたマネが相手DFの死角から飛び出す豪快なヘディングで合わせ、待望の先制点を挙げる。

さらに、直後の54分にはトモリからGKケパへのバックパスにプレッシャーをかけたマネが、背中でジョルジーニョを感じながら急加速でケパに圧力をかけてインターセプト。すかさず無人のゴールへシュートを流し込んだ。

マネの連続ゴールによって、30分余りを残して積んだ感もあるチェルシーだが、ヴェルナーを最前線に残す[4-4-1]に布陣を微調整してファイティングポーズを取り続ける。チアゴを起点に質の高いボールの動かし方を見せるアウェイチームに対して、粘り強く守りながらヴェルナーの快足に一縷の望みを託す。

すると、73分にはチェルシーに千載一遇のチャンスが訪れる。左サイドからドリブルでボックス内に切り込んだヴェルナーがチアゴのファウルを誘いPKを奪取。キッカーを務めたのは直近のブライトン戦を含めチェルシー加入後、すべてのPKを成功させてきた名手ジョルジーニョ。だが、右隅を狙ったシュートはGKアリソンに完璧に読まれて痛恨の失敗に。

一方、守護神のビッグセーブに救われたリバプールは気を引き締め直して残りの戦いに臨んだ中、86分にはフィルミノに代えて、今季プレミア初出場の南野をピッチに送り込んだ。そして、試合終了間際の決定機はサラーが決め切れず、3点目こそ逃したものの、今季初のクリーンシートで試合を締めくくった。

クリステンセンの一発退場にケパのミス、ジョルジーニョのPK失敗と相手の自滅に助けられた感もあるが、王者に相応しい内容で勝ち切ったリバプールが開幕2連勝。一方、敗れたチェルシーは次回の対戦に向けてデビューが待たれる新戦力、既存戦力の成長がカギを握る。