セビージャのフレン・ロペテギ監督がいよいよ始まる欧州最高峰の戦いで相対する敵に敬意を払いつつ、白星発進に意気込みを語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。

昨季のヨーロッパリーグ(EL)覇者として、今季のチャンピオンズリーグ(CL)に挑むセビージャ。20日に行われるグループE第1節でチェルシーのホームに乗り込む。

17日に行われたグラナダとのラ・リーガ第6節で今季初黒星を喫して、このチェルシー戦との大一番に臨むロペテギ監督。試合に先駆けた会見で、こうコメントした。

「我々はチェルシーというタイトルを獲得できる可能性があるチームのひとつと対戦する。ただ、明日がうまくいくよう集中したい。我々にできることはそれだけだ」

「難しい要求になると思う。どんな試合も難しいものだが、特にCLの舞台だと、チェルシーのようなチームと対戦することになる。彼らは多額で良い選手たちを獲得した。素晴らしいチームであり、クラブを熟知する監督もいる」

「彼らは素晴らしいトッププレーヤーを何人も擁しており、我々にベストな状態で戦いに挑んでくるように強いてくるだろう。最近の彼らは良い戦いをしている。我々に可能な限りベストなパフォーマンスも求めてくるはずだ」

「明日は非常に良い戦いが必要になってくる」

史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ”
「バルセロナvsレアル・マドリード」WOWOWで生中継!
>詳しくはこちら