ガンバ大阪は26日、ブラジル人FWアデミウソンの道路交通法違反容疑を報告した。

アデミウソンは25日午前8時35分頃に自らが運転する自動車で大阪府茨木市内の追い越し車線を走行中、左前側ボディーが走行車線の自動車と接触。それを認識せず、10時から予定したチームのトレーニングに参加すべく、クラブハウスに向かったという。

トレーニング終了後の11時30分頃にはクラブハウスで大阪府警察本部交通部の高速道路交通警察隊から任意同行を求められ、12時から吹田分駐所で約4時間にわたる事情聴取。そこでのアルコール検査で基準値を上回るアルコールが検出されたようだ。

17時から約1時間にわたり、アデミウソン本人から事故に関する詳細を確認したというG大阪は酒気帯び運転および報告義務違反でクラブハウス立入禁止の謹慎処分を科したが、捜査終了後に改めて処分を決定。今回の件を受け、本日に会見を行う。

アデミウソンはG大阪在籍5シーズン目の今季、ここまで明治安田生命J1リーグ21試合に出場。チーム最多タイの6得点を挙げ、24日に本拠地で行われた第24節の柏レイソル戦でも終盤に決勝ゴールを記録して、チームの9試合無敗に大きく貢献した。