マルセイユのポルトガル人指揮官であるアンドレ・ビラス=ボアス監督が、日本メディア向けに「オンライン メディアラウンドテーブル」を開催。多くの質問に応えた。

現在は日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都が在籍するマルセイユで2シーズン目の指揮を執っているビラス=ボアス監督。今シーズンはリーグ・アンの他、チャンピオンズリーグ(CL)も戦っており、27日にはマンチェスター・シティとの一戦を終えたばかりだった。

これまでは、ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、そして上海上港と世界各国を渡り歩いて指揮をしてきたビラス=ボアス監督。かねてから日本についても強い関心を示していることを公言してきた。

日本代表の監督について質問されると「まず。日本の監督について尊敬している。そして、マルセイユとの契約があり、これからもマルセイユで頑張っていきたい。JFAも日本代表の監督と契約しており、素晴らしい仕事をしていると思う」とコメント。現在日本代表を率いる森保一監督へ敬意を払った中、過去には就任オファーがあったことを明かした。

「かなり昔だが、ロシア・ワールドカップ前に日本の監督が解任されたが、その時に私に連絡があった。JFAから話があったが、そういった話があったこと自体が光栄なことだ」

なお、現時点ではそういった話はないものの「万が一そう言った話があったら光栄なことだ」とコメント。将来的なオファーは考える可能性があるようだ。

また、Jリーグクラブについては会話をしたことはあるが、具体的なオファーをもらったことはない」とコメント。「今まで2クラブと話したが、それが成熟してオファーにはなっていない。そのタイミングがどちらかで一致しなかった」と語り、オファーはなくとも関心が寄せられたことがあったと話した。

日本で指揮をするならという質問には「タイトルを取ること、勝つことが好きなので、そういった能力があるチームが良い」と語り、タイトルを目指せるチームを希望。「それ以外の点でも人、人材、インフラが整っているか」と環境面も語り、「自分のポジションが安定していることが大切」だと語った。