プレミアリーグは1日、今月4日に予定される第11節、アストン・ビラvsニューカッスルの開催延期を発表した。代替日程は現時点で決まっていない。

ニューカッスルは先週末のクリスタル・パレス戦を前にした新型コロナウイルスの検査においてトップチームの選手3名とスタッフ1名に陽性判定が出ていた。さらに、クリスタル・パレス戦後に実施された最新の検査では個人名や正確な人数を伏せているものの、さらなる陽性反応者が出ており、クラブ内でクラスターが発生している。

そのため、ニューカッスルはクラブのトレーニング施設を一時閉鎖しており、クリスタル・パレス戦前日の26日からチームでのトレーニングを行うことができていなかった。

その窮状を受けて、ニューカッスルはプレミアリーグに対してビラ戦の日程変更を要請。そして、プレミアリーグの理事会は同クラブが4日の試合に向けて十分且つ安全にトレーニングや準備を行うことができないことに理解を示した。

そして、対戦相手のアストン・ビラ、イングランド公衆衛生サービス(PHE)、プレミアリーグの医療アドバイザーとの協議の結果、選手とスタッフの健康を第一に考えて今回の延期という結論に至った。

なお、ニューカッスルは少なくとも4日までトレーニング施設の一時閉鎖及び、複数選手が参加する形のグループトレーニングを自粛し、今週中に行われる全選手・スタッフを対象としてコロナウイルス検査の結果によって今後の対応を行政やリーグと協議していくことになる。

プレミアリーグでは今年6月半ばのリーグ再開以降、各クラブで複数のコロナウイルス陽性反応者が出ていたが、ここまで試合の延期・中止に踏み切ったケースは一度もない。

そのため、今回の延期は再開以降初のケースとなった。