横浜F・マリノスは3日、興國高校のMF南拓都(18)の来季加入内定を発表した。

南は三重県出身で、スピードが売りのサイドアタッカーでウイングやサイドバックでプレーしている。

興国高校からは5人目のJリーグ加入内定者がおり、GK田川知樹、DF平井駿助、MF樺山諒乃介は南と同じ横浜FMに加入内定。FW杉浦力斗はツエーゲン金沢に加入内定が発表されていた。

同級生3人とともに横浜FMへの加入が内定した南はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、横浜F・マリノスに加入する事になりました、南拓都です」

「幼い頃からの夢だったプロサッカー選手のスタートを横浜F・マリノスという偉大なクラブで出来る事を嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた家族、育ててくれた監督やコーチの方々、そして自分を心身ともに成長させてくれた興國高校の全ての人達への感謝と謙虚な気持ちを忘れずに、日々成長していきたいと思います」

「そしてチームに貢献出来るよう頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」