24日に予定されていたバルセロナの新会長選挙の投票が新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、急遽延期となった。クラブが公式声明で明かした。

バルセロナでは昨年10月にジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長が任期を満了することなく辞任を発表。これにより、新会長を選出する選挙の準備が進んでおり、先日には元会長であるジョアン・ラポルタ氏、ビクトル・フォント氏、トニ・フレイシャ氏の最終候補3名が選出されていた。

そして、15日からは3氏による選挙キャンペーンがスタートし、24日に投票が行われる予定となっていた。

バルセロナとカタルーニャ州政府は昨年11月末に1月24日に10カ所の選挙地を選んで投票を行うことで合意。だが、両者は直近の話し合いの中、コロナウイルスの第3波によって同地域では個人の移動を制限しており、近隣に投票所がないソシオ会員の移動が感染のリスクを高めるとの結論に至り、投票延期を決定した。

なお、新たな投票日程に関しては15日に最終候補3名と会長代行を務めるカルレス・トゥスケッツ氏との話し合いの中で決められるようだ。