レアル・マドリーは次節アラベス戦で指揮官に加え、頼れるカピタンを欠くことになった。

現在、ラ・リーガで2位に位置するマドリーは、23日に敵地で開催される第20節で17位のアラベスと対戦する。

直近のコパ・デル・レイ3回戦で3部のコルネジャ相手に屈辱の敗退を強いられたチームにとって是が非でも勝ち点3を持ち帰りたい一戦となる。しかし、試合前日の22日にはジネディーヌ・ジダン監督に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことが明らかになり、アラベス戦で指揮を執ることが不可能となった。

さらに、同日発表された遠征メンバーには長期離脱中のFWロドリゴ・ゴエス、DFダニエル・カルバハルと共にDFセルヒオ・ラモスと、MFフェデリコ・バルベルデがケガの影響で招集メンバー外となった。

ジダン監督に代わってアラベス戦で指揮を執るアシスタントコーチのダビド・ベットーニ氏は、カピタンのメンバー外の理由をヒザの問題であると説明している。

「セルヒオは回復の過程にあり、明日は我々と一緒にはいない」

なお、アーセナルへのレンタル移籍が決定的と報じられ、今回メンバー外となったMFマルティン・ウーデゴールに関しては、「今後数日で彼に何が起こるかを見てみようじゃないか」と、明言を避けている。

チャンピオンズリーグ グループステージ・ベストマッチを1/23(土)〜放送!
グループステージ全96試合はWOWOWオンデマンドで順次配信中!
>>無料トライアルはこちら