エルチェは6日、メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCから元アルゼンチン代表FWパブロ・ピアッティ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。

母国のエストゥディアンテスでキャリアをスタートした163cmの小柄な体躯と圧倒的なアジリティとテクニックを武器とするアタッカーは、アルメリア、バレンシア、エスパニョールでプレー。ラ・リーガでは通算で294試合に出場して48ゴール42アシストをマークしていた。

2020年冬に加入したトロントFCでは、公式戦19試合で4ゴール3アシストを記録したが、契約延長オプションは行使されず。昨シーズン限りでトロントFCを退団していた。