元トーゴ代表FWエマヌエル・アデバヨールが自身のインスタグラムでカーコレクションを披露した。

アーセナルやトッテナムなどで活躍したアデバヨール。2020年2月にはパラグアイのオリンピア・アスンシオンに加入し、移籍後初先発となったゲームでは"カンフーキック"をお見舞いして退場になるなどの個性を発揮。同年6月末にはオリンピアを退団していた。

そんなアデバヨールが先日、自らの所有する車をインスタグラムで公開。プライベートの"モーターショー"を開催した。

披露された高級車の数々。その中でも一際目を引くのがロールス・ロイスの『ファントム』。『0004 SEA』のナンバープレートにオレンジの内装で、イギリス『サン』によると36万ポンド(約5500万円)と推定されている。

さらにはメルセデス・ベンツの『G65 SUV』。こちらは17万ポンド(約2600万円)。車以外にも個性的な3輪オートバイ、トライクも所有しているようだ。『カンナムスパイダー』は1万8000ポンド(約280万円)と言われている。

『寄付拒否宣言』で批判を浴びたアデバヨールは、自身のファンのモチベーションを上げるために、これらの車を公開したとのこと。インスタグラムの急増するコメントに対しては以下のように返している。

「アクラの最寄りのアクセスバンクに行ってほしい。空白の小切手が待っている。それはあなたが任意の金額を書くためのものだ」

「お金に事については分かり合えないって覚えておいて。だから合理的にね」



8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888円(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら