キャンプ・アウトドアの必須アイテム「シェラカップ」

金属でできたカップの一種「シェラカップ」。登山やキャンプなどアウトドア時に炊飯具や食器として使えます。

もともと「シエラクラブ」というアメリカの自然保護団体によって作られたものですが、今では同じようなものを各社が製造しています。

鍋兼食器、カップとして使用できるため、最小限の荷物だけで済ませたいアウトドア時に重宝します。

シェラカップなら、調理をする、取り皿にする、冷めた料理を温め直すなど、さまざまな使い方ができて便利です。

金属製で壊れにくいうえに、持ち手部分をカラビナでバックパックに吊るせたり、軽量で複数を重ねて持ち運べたりする点も魅力的です。

シェラカップを使う際の注意点

シェラカップは基本的に頑丈で割れにくく、焦がしてもタワシやクレンザーで擦れば焦げを落とすことが可能です。

ただ、素材によってはそもそも直火が禁止だったり、耐熱温度に制限があるものもあったりしますので、商品ごとに注意書きを読み、適した使い方をしましょう。

そうすることで、傷ひとつひとつも活きた思い入れのあるアイテムに育てていくことができます。

使いやすいのはどれ?「シェラカップ」を比較レビュー

UNIFLAME(ユニフレーム) カラシェラ 900 イエロー 価格:1,400円(税込)

イエローカラーが明るい気分にしてくれます

このシェラカップの魅力は何といってもカラーバリエーション。

今回購入したイエローのほか、オレンジ、カーキ、グリーン、グレー、ベージュの全6色展開です。

キャンプ道具は、どうしても無骨なデザインやシンプルな色が多め。カラフルなシェラカップなら、気分も上がります。

サイズは185×260×50mm、重量は約100g、満杯で900ml注げます。

1人分の料理を盛るにはちょうどいいです。色違いで揃えて使えば、食卓が一気に華やかになりますね。

残念ながら直火にはかけられないため調理には使えませんが、耐熱温度は約110度のため、できたてアツアツのお料理や飲み物を注いで取り皿として使えます。

村の鍛冶屋 18-8ステンレス ブラック シェラカップ 330ml 価格:1,760円(税込)

鍛冶の町、新潟・燕三条の「村の鍛冶屋」から出ているシェラカップ。

材質は18-8ステンレススチールで、直接火にかけられます。

色は黒。お豆腐や白身魚など、薄い色味の食材が映えます。

裏面には「村の鍛冶屋」のロゴがあり、高級感が漂います。

満水で330ml入りますが、50mlごとに目盛りがついていて、50、100、150、200、250、300mlの量を計れます。

アウトドアにはなるべく身軽で行きたいもの。

このシェラカップなら、計量カップを持っていく必要がありませんね。