BURTONブランドのスノーボードスクールが確実に上達できて凄い|JAPAN SNOWBOARD ACADEMY たんばら校

BURTONブランドのスノーボードスクールが確実に上達できて凄い|JAPAN SNOWBOARD ACADEMY たんばら校

スノーボードをやっている人なら、誰もが知る、最も有名なブランドの一つ「BURTON(バートン)」。

初心者向けのBURTON LTR(LEARN TO RIDE)プログラムを採用する「JAPAN SNOWBOARD ACADEMY(日本スノーボードアカデミー)」は、日本でいちばんのキッズ・ジュニア受講者数を誇ります。

全国のスキー場等で開講する中、子連れファミリーにとても利便性の高い「たんばらスキーパーク(群馬県沼田市)」にある、「JAPAN SNOWBOAD ACADEMY たんばら校」を取材しました。

4人までの完全少人数制でグングン上達!

「JAPAN SNOWBOARD ACADEMY」の特長は、何と言っても、1クラスの最大受講者数が4名という、完全少人数制。

有名なバートンのプログラムを提供するスクールで、レッスン希望者がたくさん来るからと言って、まとめて大人数を見る、ということはしません。

キッズ・ジュニアレッスンは、4歳から12歳が対象で、1回90分のレッスンを、1日3〜4回実施。

まったく初めてのスノーボードデビュー者から、JSBA(日本スノーボード協会)のバッジテスト合格を目指すキッズまで、それぞれのレベルや年齢ごとに、クラス編成され、課題クリアを目指します。

JSBAのバッジテスト5級、4級は、レッスン内での認定を行っていて、チャレンジ3(トーサイドの操作)、チャレンジ4(安定した連続ターン)、チャレンジ5(完成度の高いターン)と進んでいけば、自ずと取得できます。

もちろんBURTONレンタルも

BURTONブランドのスノーボードスクールということで、もちろん、BURTONのスノーボード用具を使ったレッスンもあります。

「キッズ・ジュニアLTRレッスン」は、BURTONが初心者キッズ専用に開発したスノーボードセットの1日レンタルと、レッスンが組み合わさったプログラム。

実際に子どもたちに使わせてみるとわかりますが、BURTONのキッズ専用アイテムは、本当に使いやすいです。

着脱が自分でできないと、足を固定されてしまうのもあり、子どもにとってかなりストレスになりますが、マジックテープのブーツ、シンプルで扱いやすいワンバックルのバインディングと、簡単に使いこなせてしまいます。


関連記事

おすすめ情報

ウレぴあ総研の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索