え、ウチだけ!? 思わず笑ってしまう「夫婦の習慣」5つ

え、ウチだけ!? 思わず笑ってしまう「夫婦の習慣」5つ

夫婦で続けている習慣って、ありますか?

結婚してからずっと仲良しな夫婦に話を聞いてみると、細かいルールから大きな決定権まで、そこにはストレスのない習慣があることがわかりました。

どんなことを続けているのか、エピソードをご紹介します。

1.休日の運転は「サイコロ」で決める!?

「共働きで休日はふたりとも楽をしたいのですが、たまに揉めるのがクルマの運転。

出かける前から雰囲気が悪くなるのが嫌で、鍵の押し付け合いになったときはサイコロを振って偶数なら夫、奇数なら私、と決めています。

どちらかが続いたときは途中で交代するけど、最近は最初からサイコロを持ってくる夫がおかしくて」(32歳/教員)

「じゃんけんのほうが早くない?」とこちらの女性に尋ねたら、「じゃんけんだとあいこが面倒くさいし、小道具があると盛り上がるよ」と笑っていました。

勝負は1回ですが、たまに子どもさんにも振ってもらうそうです。

2.「美味しかった」はカップの並べ方で伝える

「昔から口下手というか、あまり会話が弾まない夫なのですが、毎日作るお弁当のコメントがほしいとお願いしてもやっぱり言いづらそうでした。

それで、『美味しかったときはカップを重ねる、普通ならそのまま、不味かったらカップは逆さまにする』って決めたらそのとおりにやってくれて、さすがに逆さまは一度もないですけど重なっているときは嬉しいですね。

今日も重なっていますようにって思いながら作るのも楽しいです」(35歳/サービス)

こちらの女性は、もともと料理が好きで夫のお弁当も凝っているそう。

だから反応がほしいけどうまくいかず、「苦肉の策」で考えついたのがカップの並べ方だったそうです。

これだと夫のプレッシャーもない、のかな!?

3.仲直りはLINEのスタンプ連打

「結婚前から、ケンカになってもメールやLINEでは済ませない、と決めています。

その代わり、今は仲直りしたくなったらまずLINEでスタンプを送るようにしていて、小さなことは私のほうからごめんねのキャラを送信することが多いですね。

そうすると夫からも同じようなスタンプが連投されてきて、帰ってきたときも嫌な空気にならずに済みます」(30歳/事務)

顔を合わせては言えないから、と何でもメールやLINEに頼るのはケンカのときは避けたいもの。

でも、仲直りのようにポジティブな気持ちを伝えたいときは、LINEのスタンプ機能はわかりやすくて助かります。

こちらの夫は、「謝罪専用」のスタンプを用意しているそうです……。


関連記事

おすすめ情報

ウレぴあ総研の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る