天王洲にある現代美術ギャラリー、ANOMALYでは、緊急事態宣言解除後最初の展覧会として、『Chim↑Pom 「May, 2020, Tokyo / A Drunk Pandemic」』を、6月27日(土)〜7月 22日(水)まで開催する。

Chim↑Pomは、2005年に結成されたアーティストコレクティブ。現代社会の多様な問題をテーマに、ユーモアと皮肉を交えた独創的なアイディアでメッセージ性の高い作品を発表し、国内外で評価を得てきた。

「疫病×資本主義社会×都市」の関係に触れたプロジェクト

同展は、そんなChim↑Pomによる2つのプロジェクト《May, 2020, Tokyo》《A Drunk Pandemic》を紹介するもの。

《May, 2020, Tokyo》は、東京を舞台にしたプロジェクト。詳細は不明だが、緊急事態宣言を受けて「Stay Home」が謳われた今年5月の東京で、改めて東京の街に目を向けて制作したインスタレーションだという。


一方の《A Drunk Pandemic》は、2019年にイギリスのマンチェスター・インターナショナル・フェスティバル(MIF)の一環として制作・発表されたプロジェクト。

コレラで亡くなった人々が埋葬されたマンチェスターの地下(現在のヴィクトリア駅地下)の廃墟に「ビール工場」を設置し、オリジナルビール「A Drop of Pandemic」を醸造。

コレラや酵母といったバイオ的なプロセスを可視化し、それらと下水道などの街のイ ンフラにまつわる歴史的な関係を文脈とした、Chim↑Pomの「都市論」として展開される。