さまざまな思いが集結したこけら落とし映像配信、実現に至るまでの思い

ゆずが、横浜・みなとみらい地区に新たに開業したライブアリーナ「ぴあアリーナMM」のこけら落としとして、無観客の同会場より代表曲「栄光の架橋」を特別披露。7月10日(金)20時から24時まで4時間限定の貴重な映像配信が行われた。

「ぴあアリーナMM」では、4月25・26日、ゆずの「YUZU ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN」公演をこけら落としに開業を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の配慮により、同公演を含め、各種イベントの延期・中止となるにともない、開業が延期されていた。

さまざまな思いが集結し、ぴあ株式会社の創業日である7月10日に行われた今回のこけら落とし映像配信について、ゆずのリーダー北川悠仁は、実現に至るまでの経緯、思いを語ってくれた。

「実は、ここにくるまで苦難の道のりでした。僕らは、ぴあさんからこけら落としをお願いしていただけたことが光栄でしたし、地元・横浜であること、さらに、この会場ができていくプロセスも取材させていただいたりしたので(※)、すごく思い入れがあったんですよね。

なので、4月のコンサートの延期が決定したあとも、なんとか実現したいという思いでいました。実施にあたって、観客を入れるのは無理だろう、だったら無観客でやろうなどと模索しつつ、当初5月にやる予定でしたが、そのころは、どういうやり方がいいのか、どういう判断が正解なのかもわからないほどの状況でした。

事務所のみんなにも、僕らに対して(感染の)リスクを背負わせたくないという思いがあったりして。その間、緊急事態宣言が出て、一旦、白紙になってしまったんです。それでも、あきらめずに、ぴあさんと何度も何度も話し合いを続けて、ようやく形にすることができました。本来なら客席にお客さんがいると最高なんですが、まず、こけらを落とせたというのは本当によかったと思います」(北川)

こけら落としの収録当日、完成した「ぴあアリーナMM」を訪れたふたり。

「ぴあアリーナに、取材でうかがったのは半年前になりますか。まだ工事をやっているときでした。だから、完成した姿を見るのも初めてで、まずは圧倒されたし、会場内も楽屋もすごくきれいで、すばらしいなと。こういう施設ができたことに大感謝です!」とサブリーダーの岩沢厚治。

北川は会場内に入ると「みんな元気でやってる?」と映像制作チームに声をかけていた。披露する曲は「栄光の架橋」。「桜木町」「みらい」など、横浜にまつわる曲もゆずのレパートリーには多いが、「こけら落としには十八番で!っていうのが粋なんじゃないかな」と、他の曲という選択肢はなく、「栄光の架橋」一択だったそうだ。