家にこもる日々が続き、身体がなまっている…。トレーニングできなくて、筋肉が落ちてきた…。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う、外出自粛要請の影響を受けて、そんな風に感じている方は少なくないのでは?

「プロレスラー」も同じ思いをしています。試合の多くが中止になり、いつ再開できるのか見込みが立っていない状況。トレーニングのために、ジムに通うことすらできません。

それでも鍛え上げた肉体を維持するため、プロレスラーは自宅でトレーニングを続けています。そこで今回特別にレスラーの皆さんに「 #レスラーうちトレ 」を3種類、写真と動画で紹介していただくことに。

毎回ひとりずつ登場していただき、外出自粛でトレーニングに行けない「ウレぴあ総研」読者やファン向けに、ビギナーでも挑戦しやすい、簡単なトレーニングを教えていただきます!

フリーランスのKAI選手からバトンを受け取り、第7回目で登場するのはP.P.P. TOKYOを立ち上げたプロレスラー、三富政行選手(Twitter:@Tooomuch_3103)です。

パーソナルトレーナーとしての指導経験もある三富選手が教えてくれるトレーニング、早速実践してみましょう。

#レスラーうちトレ その1 スパイダーマン

やり方

1.床に手を付き、腕立て伏せの体勢を作る(頭からつま先まで一直線のイメージ)

2.スパイダーマンになったイメージで、右足を右手の位置まで上げる
3.2の状態で腕立て伏せをする

4.右足を元の位置に戻す
5.スパイダーマンになったイメージで、左足を左手の位置まで上げる
6.5の状態で腕立て伏せをする
7.左足を元の位置に戻す
※10回×3セットくらいから始めるのがおすすめ
2と5は逆でもOK。自分の出しやすい手足で調整する

鍛えられる部位

全身(腕立て伏せと股関節の柔軟性を上げる複合エクササイズ)

やってみた感想

とても良い全身運動になります。「腕立て伏せができない女性でも、脚の力を使ってできるはずです!」と三富さん。こんな腕立て伏せがあったとは!

#レスラーうちトレ その2 フロアバックエクステンション

やり方

1.床にうつ伏せになる

2.両足をぴったり揃えてつま先を浮かせて、手の甲は天井に向ける

3.肩甲骨をグッと絞り上げる(揃えた両足と手が宙に浮いた状態になる)
※10回×3セットくらいから始めるのがおすすめ

鍛えられる部位

二の腕、肩甲骨、腰、お尻、もも裏

やってみた感想

三富さんが「背面全体のトレーニング」と言うように、背面を効果的に鍛えられるトレーニング! 一度でいろいろな部位にアプローチできて、効率が良いなと感じました。