現在大ヒット上映中の映画、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。全国の『鬼滅』ファンが本作を心待ちにしていたであろう。美麗な映像や華麗なアクション、重厚な物語を楽しむべくリピーターも続出している。

『鬼滅の刃』といえば欠かせないのが、LiSAの主題歌だ。TVアニメのオープニングを飾った『紅蓮華』は、これまでの彼女のキャリアの中でも最大のヒットとなった。

本作の主題歌である『炎(ほむら)』も、『紅蓮華』に続き、『鬼滅の刃』への想いが込められた楽曲となっている。このインタビューでは、LiSA自身の言葉を聞いて欲しい。

──TVアニメに続いて、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌を担当されることになりました。

LiSA:お話をいただいた時は素直に嬉しかったです。もちろん、TVアニメの時も周囲からは「良かったよ」とは言っていただけていたけれど、「(TVアニメを)LiSAにまかせてよかった」と思ってもらえたのかな、と。

だからこそ、今回も任せていただいたということは、もう一度しっかりと良い曲を提示することが、私の仕事だと思っていました。

──『炎』の歌詞は、作曲・編曲を担当している梶浦由記さんとの共作となっています。制作はどのように行われたのでしょうか?

LiSA:アニメのプロデューサーと梶浦さんと私で相談しながら作っていきました。アニメのプロデューサーはどんな場面で曲が流れるのかを統括していますし、梶浦さんは主題歌だけでなく劇伴も担当されていますし、皆で作品に寄り添う楽曲の道筋を作っていったというか。

梶浦さんが歌詞になる言葉とメロディーを並べてくださって、そこに自分の「無限列車編」への想いを重ねてもらうために、重〜い長〜い手紙のような内容を綴って、梶浦さんにお送りしました。