甲府・峡東クリーンセンター落成式

甲府市と峡東地域の4つの市から出るゴミを処理する県内最大規模の新たなごみ処理施設が笛吹市に完成し落成式が行なわれました。
笛吹市境川町に建設されたのは敷地面積およそ5万3000平方メートルと県内最大規模のごみ処理施設、「甲府・峡東クリーンセンター」です。
この施設では甲府市、笛吹市、甲州市、山梨市の4市から出る、県内人口の4割近いおよそ33万人分のごみ処理をします。
施設の1日あたりの可燃ごみの処理能力は369トンで、ゴミを燃やして発電し、隣接する温泉施設にも活用するということです。
新たなゴミ処理施設の本格稼動は来月からでこれまで4市のごみ処理をしてきた甲府市環境センターなどは今月で稼動を終了します。


ニュースをもっと見る

関連記事

UTYニュースの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

13時44分更新

山梨のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索