強盗殺人事件、北杜市で遺留品捜索

強盗殺人事件、北杜市で遺留品捜索

山梨県甲州市の男性を殺害したとして男4人が逮捕された事件で、警察は逮捕した男の供述に基づいて北杜市内で遺留品の捜索をしました。
山梨・長野両県警からおよそ40人態勢で、国道沿いの斜面に、犯行を裏付ける証拠が残っているか調べました。
甲州市大和町の斉藤弥生さん(当時36)が殺害され長野県南牧村で遺体が発見された事件では、甲府市出身の武井北斗容疑者(24)ら男4人が強盗殺人などの疑いで逮捕・送検されています。
山梨・長野両県警の合同捜査班は14日、およそ40人態勢で北杜市高根町の国道141号沿いの斜面で事件に関わる遺留品の捜索をしました。
捜査関係者によりますと、捜索は逮捕された男の1人が「南牧村からの帰り道に車から遺留品を投げ捨てた」という供述に基づいて行ったということです。
遺留品は14日の捜索では発見できず、警察は今後も捜索するか検討し、逮捕された4人の役割分担や犯行の動機など事件の全容解明を進めています。


関連記事

UTYニュースの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索