老朽化した建物も倒壊の注意を

老朽化した建物も倒壊の注意を

大阪府北部の地震で問題となったブロック塀だけでなく、老朽化した建物も地震で倒壊する恐れがあり、十分な注意が必要です。
「甲府市内にある解体予定の団地で行われた甲府地区消防本部の救助訓練です、訓練は大規模な地震で倒壊した建物に1人が生き埋めになったという想定で行われました」(記者)。
訓練には高度救助隊員14人が参加して、天井と床の間に柱を取り付けて安全を確保し、特殊な機械で助けを求める人の居場所を特定しました。
そしてハンマードリルで厚さおよそ20センチのコンクリートの壁を破壊して、負傷者を助け出しました。
「ブロック塀は何トンという重さなので、震災の時は付近に近寄らないように気をつけてほしい」(南消防署高度救助隊望月信介隊長)。
ブロック塀だけでなく老朽化した建物は地震で倒壊する恐れがあります。
消防は、各家庭でヘルメットや防災頭巾を用意することや、大地震の発生時には周囲に高い建物がない広い場所へ避難すること、その際はがれきやガラスの散乱に備え、必ず靴をはくことが大切と呼びかけています。



関連記事

UTYニュースの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索