聖火リレー、山梨は6月27・28日

2年後に開かれる東京オリンピックの聖火リレーの日程が決まりました。
3月26日に福島県をスタートして山梨県は全国42番目、6月の27日と28日の2日間で行われます。
聖火リレーの日程は、12日開かれた政府の代表らによる調整会議で決定しました。
東日本大震災からの「復興五輪」を掲げた聖火は3月26日に福島県を出発し、121日かけて全国47都道府県を回り、開催都市の東京でゴールを迎えます。
山梨県での聖火リレーは静岡県のあとの全国42番目で、6月27日の土曜日と28日の日曜日の2日間で神奈川県へ引き継ぎます。
「聖火リレーは県民の関心や期待を高める役割があるので、県民の協力を頂きながら盛り上がっていければと思う」(県オリンピック・パラリンピック推進室古屋友広室長)。
県は委員会を設置して、年内をめどに県内の聖火リレーのルート案やランナーの選定に入ります。



関連記事

UTYニュースの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

山梨 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索