旅行客の宿泊料金が最大5000円割引となる「ふっこう割」が始まるのを前に山梨県富士吉田市で旅館など事業者向けの説明会が1月16日開かれました。
この日開かれた説明会には東部・富士五湖地域で旅館やペンションを営むおよそ40の宿泊事業者が参加しました。
「ふっこう割」は去年の台風19号で落ち込んだ観光需要を高めようと被災した都道府県が国の補助金を活用して行うもので1泊1人あたりの宿泊料金が1万円以上で5000円、6000円以上1万円未満で3000円が割り引かれます。
説明会では事務局の担当者が申請の方法を説明し制度の利用を呼びかけました。
旅行で使う際はホームページなどで「ふっこう割」と明記されたプランが対象で、山梨県では1月27日から3月1日のチェックアウト分まで実施される予定です。