6日、大型連休最終日を迎えましたが外出自粛の影響を受け山梨県の富士北麓の観光地はかつてないほど閑散とした連休となりました。
今回の大型連休では富士北麓地域の多くの観光、宿泊施設で営業を自粛したほか富士五湖すべてで臨時の禁漁とし、観光客にも来訪自粛を求めました。
このため山梨県富士河口湖町内の駅や湖畔沿いは、かつてないほど閑散とした状態となりました。
こうした中で緊急事態宣言の期間延長は重くのしかかるとしつつも感染拡大を終息させるためには今が踏ん張りどころとみています。
終息を待ち望む観光地。
感染拡大の影響で異例のゴールデンウィークとなりました。