山梨大学医学部附属病院は同意を得た一般の入院患者とこれから入院する患者の計370人にPCR検査をしたところ全員陰性だったことを明らかにしました。
これは山梨大学医学部附属病院が5月8日夕方、開いた会見で明らかにしたものです。
この検査は都内の病院で新型コロナウイルス以外の治療で訪れた患者の6%が陽性だったことから院内感染を防ぐために実施したとしています。
なお病院では5月8日からドライブスルー方式のPCR検査を行い3人が受け全員陰性だったということです。