山梨県都留市で、寝ていた妻を包丁で刺し、殺害しようとしたとして、会社員の夫が逮捕されました。
9日、殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、都留市下谷4丁目の会社員、原田光基容疑者55歳です。
原田容疑者は、5月7日の午前5時前、自宅で寝ていた50代の妻の胸を、刃渡り約18センチの包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。
妻は胸にけがをしましたが、命に別状はないということです。
調べに対し原田容疑者は、「妻を脅してやろうと思った」などと供述し、殺意については否認しているということです。
妻は原田容疑者からの暴力を警察に相談していたということで、警察は、動機などを捜査しています。