山梨県内は7月1日明け方にかけて、山地を中心に激しい雨が降り、大雨となるところがある見込みです。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒を呼び掛けています。
甲府地方気象台によりますと、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、6月30日の県内は昼頃から広い範囲で雨となりました。
この雨は7月1日明け方にかけて強まり、山地を中心に1時間に30ミリの激しい雨が降るところがある見込みです。
7月1日午後6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多いところで峡南、富士五湖で200ミリ、東部で150ミリ、中北、峡東地域で100ミリとなっています。
警報級の大雨になるおそれもあり、気象台では土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒を、落雷や竜巻などの激しい突風やひょうに注意を呼びかけています。