新型コロナウイルスの影響で春の開催を延期し11月開催を目指していたた信玄公祭りについて実行委員会は出陣団体や観光客の安全が確保できないとして7月1日、臨時総会で中止を決めました。
信玄公祭りは、武田信玄公をしのんで毎年4月に行われる山梨県内最大規模の春のイベントです。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、実行委員会では、一旦、今年春の開催を見送り、信玄公の生誕日にあたる11月3日前後の開催を目指していました。
しかし7月1日開かれた臨時総会で、隣接する都県で新型コロナウイルスの終息が見えていないことやソーシャルディスタンスを保つのが難しく、出陣団体や観光客の安全が確保できないことなどから全会一致で中止を決めました。