徐々に観光客が戻りつつある山梨県富士河口湖町ですが回復の足取りが鈍るかも知れません。東京都内の感染者の高止まりを受け、小池都知事が他県への移動自粛を再び呼びかけましたが町内の宿泊業者には早くも都内からの宿泊予約キャンセルなどが出ています。
7月5日河口湖畔ではスワンボートやモーターボートなどで楽しむ観光客が見られ徐々に観光地としての姿を取り戻しつつあります。
しかし、連日感染者数が100人を超えてた東京都では7月4日、小池都知事が都民に他県への「移動自粛」を再び呼び掛けました。
富士河口湖町内では7月から営業を再開した宿泊施設もある中でこの呼びかけ以降、すでに一部ホテルで都内からの宿泊予約のキャンセルが出ています。
それでも観光地としてやるべきことは迎え入れた観光客を安心させ安全に楽しんでもらうことだといいます。
観光地は予防対策の徹底を図っていますが首都圏からの観光客の人出は感染状況に左右される状況が続いています。