10月30日のハロウィンを前に、仮装をした園児たちが、山梨県甲府市内の公園をパレードしました。
あの話題のキャラクターの仮装も登場しました。
これは、甲府市の「タケダイングリッシュスクール」が、季節のイベントとして毎年行っているものです。
10月30日は、シンデレラや今話題の鬼滅の刃などの仮装をした8人の園児が、1か月間毎朝練習したという英語の歌を歌いながら、お菓子を求め公園内をパレードしました。
そして、パレードの最後に子どもたちは、くす玉をみんなで割って、中に入っているお菓子を夢中で取っていました。
新型コロナの影響で、今年は例年より規模を縮小して行われましたが、子どもたちはパレードを楽しんでいました。