新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月10日から休園している「長崎バイオパーク」。休園中も動物たちはのびのびと元気に過ごしている。そんな動物たちの様子を、飼育員さんが撮影したユニークな写真とともに特別公開!

■ 動物たちのほのぼのとした日常にほっこり
長崎バイオパークは檻や柵が少なく、動物が生活している本来の生態系になるべく近づけている。カピバラやミーアキャット、リスザルなどが放し飼いにされていてのびのびと暮らしている。

■動物たちの愛くるしい表情に注目!
身近でお世話する飼育員さんが、動物たちのふとした表情やかわいいドアップをキャッチ。どこか人間らしくて、表情豊かな動物たちの姿はいつまでも見飽きない!
人と動物が近くで触れ合える同園では、動物たちも開園を心待ちにしているはず。休園中の動物たちの様子は、公式のSNSで公開されている。開園が再開されるまで、おうちで写真や動画を眺めて楽しもう!

[長崎バイオパーク]長崎県西海市西彼町中山郷2291-1 / 0959-27-1090 / 10:00〜17:00(最終入園16:00) / 無休※4月10日〜5月6日まで臨時休園(状況により変更となることもあり) / 入園料 大人1700円、中高生1100円、3歳〜小学生800円、3歳未満無料 

公式サイト= https://www.biopark.co.jp/
公式Twitter=@ngsbiopark
公式インスタグラム= @ngsbiopark